ショットの精度のアップ バドミントン上達革命 山田秀樹 練習方法 コツ

MENU

ショットの精度のアップ

ここではバトミントンの試合で勝つ為に不可欠なョットの精度のアップについて見ていきます。
上達の参考になれば幸いです。

ショットの精度のアップ記事一覧

クリアが飛ばないという悩みはありませんか?相手の攻撃についていけない時など、自分の体勢を整える時間を稼ぐのがハイクリアですね。高い球筋で、エンドラインぎりぎりに打って、とにかく相手を遠ざけるようにします。とは言え、しっかり奥まで飛ばすのは実は難しいものです。そこで、そんなクリアを飛ばすコツを紹介しましょう。まず、ゆったり構えるようにします。初めは力まずにゆぅったりとラケットを上げて、手首を使って打...

ドライブショットが上手く打てますか?シャトルがネットすれすれの高さの軌道で、床と平行に速いスピードで打ち込むショットがドライブですね。低く速いシャトルを打ち込み、主導権を握りたいものですね。狙うコースは、相手が打ちにくくさせる為に、パックパウンダリーラインの近くに落とすように打ちますが、相手のコートに鋭く打ち込んだり、速いシャトルは身体の近いところはとりにくいので、そこを狙うのも効果的でしょう。そ...

バトミントンで決定力の高いショットといえば、まずはスマッシュですね。コートの中程に甘く上がってきたシャトルに対してミスなくポイントにしたり、次のチャンスのために有効打を放つことが必要です。また、杓子定規に同じコースやスピードではなく、ストレートやクロス、ボディに打ち分けたり、おなじフォームからカットなどを織り交ぜれば、タイミングを外すような緩急をつけることも出来ますね。スピードと威力を兼ね備えたス...

ロビング(ロブ)が上手く出来ていますか?ロブは、相手が打ってきたドロップやカットなどのネットに切られたシャトルを高く深く返したりする守りで使うことが多いショットですね。バトミントンのシングルスの場合なら、基本的には追い込まれた時など、滞空時間を稼いで体勢を立て直します。その為、まずはしっかり奥に返すことが大切になり、奥に押し込むほど相手の攻撃力を減らすことが出来ます。また、時間を稼ぐなら高さが必要...

ネット前からの攻めが思うようにできないという悩みはありませんか?そんなネットからのショットの一つの方法として、通常のタイミングからフェイントの効果を狙って、ワンテンポほどタメを入れると良いですね。それにはラケットを一瞬引いたり、寝かせるようにすると相手の足を止める効果があるのです。例えば、クリアーを奥に打った後にクロスカットをするのです。相手がネットに返してきたら、ネットに置くだけでなく、ひとつタ...

このページの先頭へ