ネット前のショット バドミントン上達革命 山田秀樹 練習方法 コツ

MENU

ネット前のショットのコツ

ネット前からの攻めが思うようにできないという悩みはありませんか?
そんなネットからのショットの一つの方法として、通常のタイミングからフェイントの効果を狙って、ワンテンポほどタメを入れると良いですね。

それにはラケットを一瞬引いたり、寝かせるようにすると相手の足を止める効果があるのです。
例えば、クリアーを奥に打った後にクロスカットをするのです。


相手がネットに返してきたら、ネットに置くだけでなく、ひとつタメを入れて後方にロブを打ちます。
球足を長くしたり短く打つたり、緩急をつける、タメを入れて相手を惑わすようにするわけです。


また、一度見せておけば、相手の対応スピードを鈍らせることにもなりますね。
特にシングルスでは広いコートを一人でカバーするので、配球の前提になるのが相手を動かすことです。


長い距離を走らせるようにすれば、それが1本にならなくても、相手を苦しい体勢に追い込んでラリーを優位に進めることが出来ます。
更に、もう一つは相手の足を止めることです。


相手を騙したり意表を突くフェイント(現在はディセプションとも言う)で、ほんの僅かな時間でも足を止めれば、それだけ選択肢を限定させることが出来るのです。
いずれにしても、配球というのはこの前提に立って組み立てるものです。


もちろん、頭に思い描いていていたようにいかないこともありますが、相手を動かす、裏を突く、反応しにくいコースへ配球を組み立てることがシングルスでのネット前のショットのコツでしょう。


なお、この埼玉栄高校男子バドミントン部コーチ 山田秀樹監修のバドミントン上達革命DVDでは、前後・左右の揺さぶりをネット前でもできるようにするための練習法が紹介してあります。
高い打点を意識することもさることながら、ロビングなどでは外的要因(空調など)の影響も受けやすいので、場数を踏むだけの解決策ではなく、これらを予測することができるようになるためのテクニックやコツを交えながら、映像で実演しながら分かりやすく解説してあるので、効果的なネット前のショットの使い方や戦術を身につけたい方は参考になるでしょう。


ネット前の打ち分けのコツがわからない中高生選手へのアドバイスとは?

バドミントン上達革命の詳細を見てみる


このページの先頭へ